ハードディスクデータ修復用語集

  • HDD/ハードディスクの復旧
  • RAID専門の復旧
  • デジタルカメラのメディアの復旧
  • その他のメディア(CD・USB等)の復旧

お申込みはこちらから
お気に入りに追加

Contents Menu

  • データ復旧センター
  • サービスメニュー
  • 対応システム・障害
  • データ復旧の流れ
  • データ復旧費用
  • 申込み・問い合わせ
  • よくあるご質問

Special Contents

  • データ復旧センター メディア掲載実績
  • 漫画で読むデータ復旧
  • データ復旧知恵袋
  • データ復旧センターパンフレット
  • ビジネスパートナー様募集
2006アントレプレナー大賞 中小企業庁長官賞受賞たいせつにしますプライバシー

データ復旧センターは、プライバシーマークの認証取得にあたり、厳重なセキュリティ体制のもと、お客様よりお預かりした大切なデータを管理しております。

個人情報・情報セキュリティ
SSL グローバルサインのサイトシール
  1. データ修復、データ復旧用語集

データ修復知恵袋

ハードディスクデータ修復に関するお役立ち情報を掲載しています。

データ復旧用語集

Apple Talk

Mac OSのネットワーク機能。AppleTalkでファイルやプリンタ共有することができます。

samba

UNIX系OSにおいて、ネットワークのファイル共有やプリンタ共有などのサービスを提供することを可能にするソフトウェア。

ATA

アメリカ規格協会(ANSI)が標準したIDEの正式規格。

BIOS

コンピューターに接続されたハードディスクなどのハードウェアを制御するためのプログラム。
ハードウェアに対する基本的な入出力手段をOSやアプリケーションに提供します。

SCSI

アメリカ規格協会(ANSI)によって規格化されたパソコンとハードウェアの接続方法。SASIがベース。
現在では後継規格として、SCSI-2やSCSI-3が普及しています。

ファイルシステム

記憶装置に記録されているデータを管理する方式。
データの保存・移動・削除などの管理方法。ファイルシステムによって、取り扱い可能なファイル名の長などが異なります。
Mac OSではHFS(HFS+)
WindowsではFAT16やFAT32
Windows NT、2000、XpではNTFS
Linuxではext2,ext3
以上のものが主に用いられている。

CD-ROMやDVDなどはCDFSなどの独自のファイルシステムを持っています。
データ復旧センターではあらゆるメディア、OSのファイルシステムからのデータ復旧が可能です。

クラスター

メディアにおける記録単位のうちの一つ。OSがメディアを管理する際の最小の記録単位。
複数のセクターの集合体。

セクター

トラック(円盤状の記録媒体の一面をリング状にくりぬいた領域)を数百個に分割した領域。

ヘッド

HDDの記録再生を行なう部品。ヘッド素子そのもの。ヘッドスライダ。
停電や強制終了、当社は、経年劣化などの問題でヘッドクラッシュが生じたメディアからのデータ復旧も可能です。

トラック

円盤状の記録媒体の一面をリング状にくりぬいた領域。

シリンダー

各ディスク面のトラック(円盤状の記録媒体の一面をリング状にくりぬいた領域)の集合体。

マスター・ファイル・テーブル(MFT)

NTFSのファイルシステムのファイル管理領域。
パーティション内の全ファイル/フォルダ情報が格納されています。

ファイル・アロケーション・テーブル(FAT)

FATファイルシステムのファイル管理領域。
各クラスターのつながりを示す情報などが管理されています。

ルートディレクトリ

ファイル名、ファイルの属性、ファイルの最初のクラスタ番号が記録されています。

ファームウェア

ハードディスクなどのハードウェアを制御するのためのソフトウェア。
一部のハードディスクはファームウェアを修復し、データを復旧することもあります。

ランディングゾーン

CSS方式のHDDにおいて、ヘッドが浮上を行なうための領域。
ヘッドの吸着を防ぐために、表面に適度な粗さが求められます。
ランディングゾーンを含めディスク面への物理的なダメージによって、データの復旧が不可能となるケースもあります。

Raid

Redundant Arrays of Inexpensive Disksの略。
主に信頼性の向上をねらって、データを複数のハードディスクに分散し冗長性を持たせて記録する方式。

MTBF

平均故障間隔(Mean Time Between Failure)。
情報システムやハードウェアにおける信頼性の指標。

プラッター

磁気的な読み書きを行なうことができる円盤。基板にはガラスやアルミ合金が用いられます。

スピンドルモーター

ディスクを回転させるモーター。

サーボ制御

ハードディスクにおけるヘッドの位置決め制御技術。トラックデータ、セクタデータ、バースト信号を持ちます。

ディフェクト

欠陥セクター。製造段階においてもディフェクトは存在しているが、出荷時までに予備領域を用いて代替処理される。

ディフェクト処理

発生したディフェクトを、予備領域のセクターと置き換える処理。
スキップ処理、交代処理などがある。熱膨張などによってリードエラーが多発した場合も、ディ フェクト処理が行なわれる。
予備領域を超える欠陥セクターが発生した場合は、ディスクが認識不可能となる場合もありますが、当社ではこのようなメディアからでもデータの復旧が可能です。

バースト信号

トラックの中心とヘッドの相対的な位置を計算するための信号。

ボイスコイルモーター

ヘッドスタックアッセンブリを駆動させる部位。
フレミング左手の法則によって発生した駆動力によって、高速でヘッドを動かすことができる。

ヘッドスタックアッセンブリ

VCMコイルを含むヘッドアッセンブリ。

インダクティブヘッド

記録と再生を同一のヘッドで行なうヘッド。

MRヘッド

磁気抵抗効果(磁性体に磁界が加わる際に抵抗が変化する特性)によって読み取りを行なうヘッド。

CSS方式

ヘッドとディスクを接触状態のまま徐々に浮上させる方式。
停止時には徐々に接触する。

ランプ・ロード方式

ディスクが一定回転数に達した後、ランプからヘッドをディスク上へ滑り落とす方式。

データ復旧知恵袋一覧へ
このページの上へ戻る

お申し込み方法
当社ラボラトリーへ直接ご送付

障害メディアとお申込書を東京の弊社ラボラトリーまでお送りください。
≫お申し込みページへ

当社へ直接お持ち込み

障害メディアとお申込書を東京の弊社ラボラトリーまでお持ち込みください。
≫お問い合わせページへ

出張データ復旧サービスをご希望の方

当社のデータ復旧エンジニアがお客様ご指定の場所でデータを復旧します。
詳しくはご相談ください。
≫お問い合わせページへ


DATA RECOVERY データー復旧センター

(新宿オフィス) 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-10-15ツインズ新宿ビル6F
(大阪オフィス) 〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀2-1-1江戸堀センタービル9F
(福岡オフィス) 〒810-0022 福岡県福岡市中央区今泉1-12-8天神QRビル6F
TEL: 0120-102-994 / FAX: 0120-102-942 MAIL:email (TEL・mail・FAX/24時間受付)

緊急対応サービスについて
今すぐお申し込み