ハードディスク故障を未然に防止する方法

  • HDD/ハードディスクの復旧
  • RAID専門の復旧
  • デジタルカメラのメディアの復旧
  • その他のメディア(CD・USB等)の復旧

お申込みはこちらから
お気に入りに追加

Contents Menu

  • データ復旧センター
  • サービスメニュー
  • 対応システム・障害
  • データ復旧の流れ
  • データ復旧費用
  • 申込み・問い合わせ
  • よくあるご質問

Special Contents

  • データ復旧センター メディア掲載実績
  • 漫画で読むデータ復旧
  • データ復旧知恵袋
  • データ復旧センターパンフレット
  • ビジネスパートナー様募集
2006アントレプレナー大賞 中小企業庁長官賞受賞たいせつにしますプライバシー

データ復旧センターは、プライバシーマークの認証取得にあたり、厳重なセキュリティ体制のもと、お客様よりお預かりした大切なデータを管理しております。

個人情報・情報セキュリティ
SSL グローバルサインのサイトシール
  1. ハードディスク故障を未然に防止する方法

データ修復知恵袋

ハードディスクデータ修復に関するお役立ち情報を掲載しています。

ハードディスク故障を未然に防止する方法

ハードディスクのクラッシュを未然に防止したり、ハードディスクの動作が不安定なときなどに、HDD自己診断修復機能-S.M.A.R.T.(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)を利用することができます。

一般ユーザーがS.M.A.R.T.を簡単に確認することができませんが、専用のツールを導入すると、簡単にS.M.A.R.T.のステータスを確認することができます。

【interCOM社製 Smart HDD Pro】

http://www.intercom.co.jp/smarthdd/index.html

ハードディスクの温度、バッドセクターに関する情報や、現在の温度、各種エラーレートなど、様々な属性値をS.M.A.R.T.は記録しています。

各種属性地には、「ワースト値」「しきい値」「現在の値」が記録されています。属性ごとに観察するべき値は異なりますが、基本的にはしきい値を下回ったり、しきい値にと近い数値となっている場合には、すぐにハードディスクのデータをバックアップするなどの対策が必要です。

以下に一般的なS.M.A.R.T.の属性値の意味を説明します。(ただし、S.M.A.R.T.に記録される値は、メーカーやモデルによっても詳細が異なります。)どの値も重要ですが、特に重要な属性はオレンジ色の箇所です。

S.M.A.R.T.の属性値

ID
Hex
属性名
属性名
内容
1
1
Raw Read Error Rate 読込エラー レート データやファイルをHDDから読み込むときに発生した読み取りエラーの発生確率を表します。この値がしきい値に近いときは、ハードディスクのヘッドかプラッターに障害が発生している可能性があります。
2
2
Throughput Performance スループット パフォーマンス HDDの全般的な処理能力を表しています。
この値がしきい値に近い場合はHDDの何れかの部品に不具合が発生していると推測できます。
3
3
Spin Up Time スピンアップ タイム HDDのヘッドが正常に浮上可能な回転数に達するまでにかかった平均時間を表しています。メーカーがあらかじめ定めているスピンアップまでの平均時間に対する割合で表示されます。この値がしきい値に近い場合は、ベアリングの不具合、モータの不良などの原因でスピンアップするために必要なトルクが不足している疑いがあります。
4
4
Start/Stop Count スタート/ストップ カウント HDDのモーターが回転/停止した回数を示しています。
5
5
Reallocated Sectors Count 再配置セクタ カウント 代替処理(利用に適さないセクターの再配置処理)されたセクターの数を表します。ハードディスクのヘッドやプラッターに障害が発生すると、この値がしきい値に近づきます。代替セクターの増加量を観察することでHDDの交換が必要か否かを判断することができます。
7
7
Seek Error Rate シークエラー レート ハードディスクのヘッドが、目的のデータにアクセスしようとして失敗した割合を表しています。通常、シークエラーはアクチュエーターやサーボ機構の動作不良によってある程度発生しますが、この値がしきい値に近い場合は、プラッターやヘッドに不具合が発生している疑いがあります。
8
8
Seek Time Performance シークタイム パフォーマンス ヘッドが目的のデータが存在するエリアへ移動する作業にかかった平均時間を表します。この値がしきい値に近い場合は、プラッターやヘッドに不具合が生じている疑いがあります。
9
9
Power-On Hours パワーオン アワーズ HDDが通電されている時間の合計です。
10
0A
Spin Retry Count スピン リトライ カウント ハードディスクをスピンアップさせようとした際、規定の回転数に到達できず、再試行した回数を示します。この値がしきい値に近い場合は、モーター不良ベアリング不良などの原因でスピンドルモーターの回転が妨げられている可能性があります。
11
0B
Recalibration Retries キャリブレーション リトライ カウント ハードディスク本体の発熱や、環境の変化によってハードディスクのプラッターが膨張したり、ヘッドのアライメントに歪みが生じるため、ハードディスクは定期的に歪みを補正するキャリブレーション処理を行います。キャリブレーションリトライカウントはキャリブレーション処理に失敗し、再試行した回数を示します。この値がしきい値に近い場合、プラッターが著しく歪んでいたり、ヘッドに不具合が有る可能性があります。
12
0C
Device Power Cycle Count 電源サイクル カウント HDDの電源をオン/オフした回数を表します。
13
0D
Soft Read Error Rate ソフト読込エラー レート データやファイルをHDDから読み込むときに発生したプログラムリードエラーの回数を示します。
191
BF
G-sense error rate  G センス エラー レート 外的な衝撃によって引き起こされたプログラムエラーの頻度を示します。
192
C0
Power-off Retract Count  パワーオフ取消 カウント HDDが電源オフされ、退避場所にアンロードされた回数を示します。
193
C1
Load/Unload Cycle Count ロード/アンロード サイクル カウント ハードディスクのヘッドが退避場所に避難し、その後プラッター表面に戻った回数を示します。
194
C2
Temperature 温度 HDDの現在の温度を示します。ハードディスクの動作可能温度の上限は約50℃程度ですが、それを上回る温度になっている場合は、ファンを増設するなどして熱対策を実施するべきです。またハードディスクが極めて低い温度になっている場合には、プラッター表面に形成されている潤滑剤膜が外周部に偏ったりするなど表面変質の可能性があるため、室温程度まで暖めて稼動させるほうが安全です。
195
C3
Hardware ECC recovered ハードウェア ECC リカバリ ECC(誤り訂正符号)により検知されたエラーの頻度を示します。
196
C4
Reallocation Event Count 再配置イベント カウント 不良セクターの代替処理を実施した回数を示します。代替処理が正常に終了したか否かに関わらず1回としてカウントされます。この値がしきい値に近い場合は、ヘッド損傷やプラッターの傷・歪みが発生している可能性があります。
197
C5
Current Pending Sector Count 再配置処理待ちセクタ カウント バッドセクター(利用に適さないセクター)と見なされ、代替処理待ちとなっているセクタの数を示します。この値がしきい値に近い場合は、ヘッド損傷やプラッターの傷・歪みが発生している可能性があります。
198
C6
Off-Line Scan Uncorrectable Sector Count 修正不可能セクタ カウント 修正できないセクタの数を示します。この値がしきい値に近い、あるいは継続的に増加している場合は、ヘッドやプラッターに障害が発生している疑いがあります。
199
C7
UltraDMA CRC Error Count CRC エラー カウント データの転送中に検知されたCRCエラーの数を示します。
200
C8
Write Error Rate (Multi Zone Error Rate) 書込エラー カウント データ書き込み中に検知されたエラー発生率を表します。この値がしきい値に近い場合は、ヘッドかプラッターに不具合が発生している可能性があります。
201
C9
Soft Read Error Rate ソフト読込エラー レート オフトラックエラーの数を表します。ゼロでない場合はプラッターの不具合などの疑いがあります。
202
CA
Data Address Mark Error データ アドレス マーク エラー データアドレスマーク関連のエラー発生頻度を示します。
203
CB
Run Out Cancel ECC実行キャンセル ECC(誤り訂正符号)によって検知されたエラー数を示します。
204
CC
Soft ECC Correction ソフト ECC コレクション ソフトウェアECC(誤り訂正符号)によって修正されたエラーの数を表します。
205
CD
Thermal Asperity Rate サーマル・アスペリティ レート プラッターとヘッドの摩擦や衝突で発生した熱に起因するエラー -サーマル・アスペリティレート の数を示します。
206
CE
Flying Height フライング ハイト ヘッドの浮上高度を表します。
207
CF
Spin High Current スピン ハイ カレント プラッターをスピンさせるために必要とした最大電流の値を示します。
208
D0
Spin Buzz スピン ブザー バズルーチン処理※の発生回数を示します。
※ヘッドを垂直方向に跳ね上げることによって、ヘッドがディスクに接触することを回避する処理
209
D1
Offline Seek Performance オフライン シーク パフォーマンス オフラインスキャンによって測定したシーク性能を示します。
220
DC
Disk Shift ディスク シフト 外的な衝撃などによるプラッターのずれを示します。
本来固定されていた位置からの距離で示されます。
221
DD
G-Sense Error Rate G センス エラー レート 外的な衝撃によって発生したエラーの頻度を示します。ハードディスクにはGセンサーという衝撃検知センサーが搭載されています。
222
DE
Loaded Hours ロードアワーズ データロード時におけるアクチュエーターの動作時間を示します。
223
DF
Load/Unload Retry Count ロード/アンロード リトライ カウント ヘッドが退避場所に移動し、プラッターに戻ろうとする一連の動作の再試行回数を示します。
224
E0
Load Friction ロードフリクション 機械パーツの摩擦により生じたアクチュエーターの負荷を示します。しきい値と比較することによってハードディスクの劣化状況を読み取ることができます。
225
E1
Load Cycle Count ロード サイクル カウント HDDの電源を完全にオン/オフした回数を示します。
226
E2
Load-in Time ロードイン タイム ハードディスクのヘッドが動作可能な状態である時間の合計を示します。
227
E3
Torque Amplification Count トルク増幅カウント プラッターを回転させるために必要な瞬間的なトルク増幅回数を示します。
228
E4
Power-Off Retract Count パワーオフ取消カウント 突然の電源遮断などにより、ハードディスクが強制停止され、ヘッドが退避場所に緊急退避した回数を示します。
この値がしきい値に近いとHDDに大きな負荷がかかっていると判断できます。
230
E6
GMR Head Amplitude GMR ヘッド振幅 駆動時におけるGMRヘッドの振動幅を示します。
240
F0
Head Flying Hours ヘッドフライング アワーズ ヘッドの位置決めに必要な時間を示します。
250
FA
Read Error Retry Rate リード エラー リトライ レート データ読み取り時に発生するエラー頻度を示します。
データ復旧知恵袋一覧へ
このページの上へ戻る

お申し込み方法
当社ラボラトリーへ直接ご送付

障害メディアとお申込書を東京の弊社ラボラトリーまでお送りください。
≫お申し込みページへ

当社へ直接お持ち込み

障害メディアとお申込書を東京の弊社ラボラトリーまでお持ち込みください。
≫お問い合わせページへ

出張データ復旧サービスをご希望の方

当社のデータ復旧エンジニアがお客様ご指定の場所でデータを復旧します。
詳しくはご相談ください。
≫お問い合わせページへ


DATA RECOVERY データー復旧センター

(新宿オフィス) 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-10-15ツインズ新宿ビル6F
(大阪オフィス) 〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀2-1-1江戸堀センタービル9F
(福岡オフィス) 〒810-0022 福岡県福岡市中央区今泉1-12-8天神QRビル6F
TEL: 0120-102-994 / FAX: 0120-102-942 MAIL:email (TEL・mail・FAX/24時間受付)

緊急対応サービスについて
今すぐお申し込み