ハードディスク[HDD]の基盤交換について

  • HDD/ハードディスクの復旧
  • RAID専門の復旧
  • デジタルカメラのメディアの復旧
  • その他のメディア(CD・USB等)の復旧

お申込みはこちらから
お気に入りに追加

Contents Menu

  • データ復旧センター
  • サービスメニュー
  • 対応システム・障害
  • データ復旧の流れ
  • データ復旧費用
  • 申込み・問い合わせ
  • よくあるご質問

Special Contents

  • データ復旧センター メディア掲載実績
  • 漫画で読むデータ復旧
  • データ復旧知恵袋
  • データ復旧センターパンフレット
  • ビジネスパートナー様募集
2006アントレプレナー大賞 中小企業庁長官賞受賞たいせつにしますプライバシー

データ復旧センターは、プライバシーマークの認証取得にあたり、厳重なセキュリティ体制のもと、お客様よりお預かりした大切なデータを管理しております。

個人情報・情報セキュリティ
SSL グローバルサインのサイトシール
  1. ハードディスク[HDD]の基盤交換について

データ修復知恵袋

ハードディスクデータ修復に関するお役立ち情報を掲載しています。

ハードディスク(HDD)の基盤交換について

【安易に基板を移植することは危険です】

HDDからカッコンカッコン、カチャカチャというような異音とともに正常に動作しない、HDDがBIOSで認識されない場合などに、全て同型(同型番・同一モデル・同一パーツナンバー)の正常なHDD基盤(PCBA,Printed Circuit Board Assembly)を移植、交換してHDDの動作を復活させる方法が、一部インターネットなどで紹介されていますが、安易にHDD基板の移植を行うことを、弊社はお勧めいたしません。
HDD基盤の不良なのかどうかを、充分に検証していない段階で、HDD基盤を交換することは危険です。

HDDが回転しない、認識しない、カッコンカッコン、カチャカチャというような異音がする、といった程度の障害認識では、故障原因は特定できません。故障原因を特定することなく、復旧作業を実施した場合、データ復旧の可能性を極めて低下させてしまう可能性が高いのです。

【なぜ、基盤移植でHDDが直らないのか?】

万が一、障害の原因がHDD基盤にあったとしても、安易なHDD基盤移植を行ってはいけません。
最新の多くのHDDは、基盤交換のみで正常な動作は可能ではありません。
IBM及び日立のドライブなどを含む最近のHDDは、HDD基盤のROMに記録されたAdaptives(適合値)と呼ばれる固有の値を、HDA(ヘッドディスクアッセンブリ)側の値と一致させる必要があります。
Adaptives(適合値)が一致しないHDDの基盤を移植した場合、HDDは合致しない基盤をロックしてしまい、あらゆるHDDの基盤を受け付け不可の状態にします。
こうなると、HDDは正常に動作しないうえに、その後適切な状況にて修理、修復措置を実施した場合でも、データを復旧の可能性が極めて低くなる状況を作ります。

データ復旧センターは特殊な機器やツールを用い、それらの値を修正・書き換えを行い、その他HDDの特徴に応じたユニークな手法を用い、安全・確実にハードディスクを動作させ、データを復旧することができます。

 

データ復旧知恵袋一覧へ
このページの上へ戻る

お申し込み方法
当社ラボラトリーへ直接ご送付

障害メディアとお申込書を東京の弊社ラボラトリーまでお送りください。
≫お申し込みページへ

当社へ直接お持ち込み

障害メディアとお申込書を東京の弊社ラボラトリーまでお持ち込みください。
≫お問い合わせページへ

出張データ復旧サービスをご希望の方

当社のデータ復旧エンジニアがお客様ご指定の場所でデータを復旧します。
詳しくはご相談ください。
≫お問い合わせページへ


DATA RECOVERY データー復旧センター

(新宿オフィス) 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-10-15ツインズ新宿ビル6F
(大阪オフィス) 〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀2-1-1江戸堀センタービル9F
(福岡オフィス) 〒810-0022 福岡県福岡市中央区今泉1-12-8天神QRビル6F
TEL: 0120-102-994 / FAX: 0120-102-942 MAIL:email (TEL・mail・FAX/24時間受付)

緊急対応サービスについて
今すぐお申し込み