ご自身で復旧を試みるお客様へ

  • HDD/ハードディスクの復旧
  • RAID専門の復旧
  • デジタルカメラのメディアの復旧
  • その他のメディア(CD・USB等)の復旧

お申込みはこちらから
お気に入りに追加

Contents Menu

  • データ復旧センター
  • サービスメニュー
  • 対応システム・障害
  • データ復旧の流れ
  • データ復旧費用
  • 申込み・問い合わせ
  • よくあるご質問

Special Contents

  • データ復旧センター メディア掲載実績
  • 漫画で読むデータ復旧
  • データ復旧知恵袋
  • データ復旧センターパンフレット
  • ビジネスパートナー様募集
2006アントレプレナー大賞 中小企業庁長官賞受賞たいせつにしますプライバシー

データ復旧センターは、プライバシーマークの認証取得にあたり、厳重なセキュリティ体制のもと、お客様よりお預かりした大切なデータを管理しております。

個人情報・情報セキュリティ
SSL グローバルサインのサイトシール
  1. ご自身で復旧を試みるお客様へ

データ修復知恵袋

ハードディスクデータ修復に関するお役立ち情報を掲載しています。

ご自身で復旧を試みるお客様へ

家電量販店などでは、故障したHDDからでもデータを復元することが出来るソフトが市販されています。

市販されているソフトウェアの対応システムや復元性能は様々ですが、最近は市販ソフトでもかなり高度な復元機能を兼ね備えたソフトや、初心者でも簡単に操作できるソフトウェアが登場してきています。

以下に、市販のソフトウェアを使って、自分でデータ復元する場合の復旧方法と注意点をご紹介いたします。

データ復元ソフトを使用する前に、ハードディスクが正常に機能しているかどうかを確認する必要があります。ハードディスクが正常に機能している場合には、CMOSで正常に認識されるはずです。
PCなどのシステムにデータを復元したいハードディスクを接続したら、別のハードディスク、FC、CDなどの別のメディアからシステムを起動させます。HDDが故障している場合は、システムをブートさせようとしたときに、BIOSでエラーが発生します。

BIOSやCMOSでハードディスクが認識できない場合や、誤った容量や型番で認識されるときは、HDDに物理障害が発生していると考えられます。

物理障害が発生したハードディスクの場合、一般的な市販ソフトではデータを復元することはできません。また、障害の種類によっては故障の症状を悪化させたり、復旧の可能性さえ失わせてしまう場合もあるため、注意が必要です。このような場合、安全確実にデータを復元するためには、データ復元専門業者に相談することをお勧めいたします。

システムをブートすることができた場合は、ソフトウェアを用いてデータの復元を試みることができます。 一般的なデータ復元ソフトの場合、はじめにファイルシステムが構成されている場所を探してスキャンを行います。

大抵のファイル復元ソフトは、ファイルシステムやハードディスク等のスキャンの状況をレポートする機能を持っています。
ハードディスクの動作が不安定な場合や、不良セクターが発生しているハードディスクの場合、スキャンの進捗がスムーズでなくなったり、突然異音が発生することがあります。
このような場合は、速やかにスキャンを停止して、システムの電源を落とす必要があります。
そのまま継続してスキャンを続行することもできますが、プラッターに傷がある場合などには、徐々に傷が増えていき、おびただしい数の不良セクターを発生させたり、最悪の場合はヘッドクラッシュを引き起こす場合もあります。
無理やりスキャンを継続した場合は、ハードディスクの故障を進行させてしまうこともあります。
HDDが過度に発熱した場合などに、プラッターが歪んでしまい、ヘッドがトラックを追従できなくなることがあります。この場合にも大量に不良セクターが発生してしまいます。
不良セクターが大量に発生した場合、ハードディスクおよびOSの自己修復機能によって、不良セクターが予約セクターによって置き換えられます。この場合データの一部が破損したり、最悪の場合、HDDの機能が完全に停止してしまうこともあります。

ハードディスクが正常に認識されない場合や、異音が発生している場合など、物理的にハードディスクが故障している疑いがある場合には、データ復旧ソフトを使用することはお勧めできません。
また、ハードディスクが正常に動作している場合にも、障害が発生したドライブにはソフトをインストールしないことと、復旧したファイルは必ず新しいメディアに保存すること、ソフトを利用する前に必ず説明書をお読みいただくことをお勧めいたします。

データ復旧知恵袋一覧へ
このページの上へ戻る

お申し込み方法
当社ラボラトリーへ直接ご送付

障害メディアとお申込書を東京の弊社ラボラトリーまでお送りください。
≫お申し込みページへ

当社へ直接お持ち込み

障害メディアとお申込書を東京の弊社ラボラトリーまでお持ち込みください。
≫お問い合わせページへ

出張データ復旧サービスをご希望の方

当社のデータ復旧エンジニアがお客様ご指定の場所でデータを復旧します。
詳しくはご相談ください。
≫お問い合わせページへ


DATA RECOVERY データー復旧センター

(新宿オフィス) 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-10-15ツインズ新宿ビル6F
(大阪オフィス) 〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀2-1-1江戸堀センタービル9F
(福岡オフィス) 〒810-0022 福岡県福岡市中央区今泉1-12-8天神QRビル6F
TEL: 0120-102-994 / FAX: 0120-102-942 MAIL:email (TEL・mail・FAX/24時間受付)

緊急対応サービスについて
今すぐお申し込み