データ復旧知恵袋

  • HDD/ハードディスクの復旧
  • RAID専門の復旧
  • デジタルカメラのメディアの復旧
  • その他のメディア(CD・USB等)の復旧

お申込みはこちらから
お気に入りに追加

Contents Menu

  • データ復旧センター
  • サービスメニュー
  • 対応システム・障害
  • データ復旧の流れ
  • データ復旧費用
  • 申込み・問い合わせ
  • よくあるご質問

Special Contents

  • データ復旧センター メディア掲載実績
  • 漫画で読むデータ復旧
  • データ復旧知恵袋
  • データ復旧センターパンフレット
  • ビジネスパートナー様募集
2006アントレプレナー大賞 中小企業庁長官賞受賞たいせつにしますプライバシー

データ復旧センターは、プライバシーマークの認証取得にあたり、厳重なセキュリティ体制のもと、お客様よりお預かりした大切なデータを管理しております。

個人情報・情報セキュリティ
SSL グローバルサインのサイトシール
  1. データ復旧知恵袋

データ復旧知恵袋

ハードディスク修復・HDD復旧に関するノウハウをご紹介します。ご自身でデータ復旧を試みる場合の注意点やヒント、ハードディスクの構造や代表的な故障症状、各種メディアやシステムからのハードディスク修復がどのように行われるか等を解説しています。

ハードディスク修復知恵袋項目一覧
  • 01 ハードディスクが認識しない・・・!そんなときは?
      ・・・HDDが認識できない場合、論理的障害・物理的障害もしくは両方の障害が発生している可能性がございます。そのうち、もし物理的障害が生じている場合には、HDDの起動を繰り返す事で、場合によってはHDD上の障害が進行し、致命的なトラブルが生じてしまう可能性がございます。
  • 02 ハードディスクの障害種類について
      ・・・ファイルシステムの損傷や、OSの不具合、誤操作によるファイル削除など、ハードディスクに物理的な故障が発生していないにもかかわらず、データにアクセスできない状態を論理的な障害と呼びます。また、HDDの論理障害は、「論理的な障害」「ソフトウェア障害」などと呼ばれる場合もあります。
  • 03 データ復旧方法
      ・・・データ復旧センターは、2次的な障害の発生を防止するために、ハードウェア的なトラブルの有無を検証した後、専用のデュプリケーターによってお客様からお預かりしたHDDの完全なクローンを作成します。
  • 04 データ復旧用語集
      ・・・Mac OSのネットワーク機能。AppleTalkでファイルやプリンタ共有することができます。UNIX系OSにおいて、ネットワークのファイル共有やプリンタ共有などのサービスを提供することを可能にするソフトウェア。
  • 05 HDDやパソコンから異音が聞こえる場合について
      ・・・ある日突然、HDDから異音が聞こえてきたら・・・●代表的なHDDからの異常音・カシャカシャ・カチカチ・ガリガリ・摩擦音・電子音等
  • 06 ご自身で修復を試みるお客様へ
      ・・・家電量販店などでは、故障したHDDからでもデータ復元することが出来るソフトが市販されています。市販されているソフトウェアの対応システムや復元性能は様々ですが、最近は市販ソフトでもかなり高度な復元機能を兼ね備えたソフトや、初心者でも簡単に操作できるソフトウェアが登場してきています。
  • 07 データを消失しないために
      ・・・HDDに代表される記録メディアは、大変デリケートな構造を持っています。バックアップは、データ消失を起こさないための一番の特効薬です。定期的なバックアップを行うのはもちろん、バックアップデータの信頼性の評価・確認を必ず行って下さい。
  • 08 データの復旧率について
      ・・・「復旧率は何%ですか?」とお問合せ頂くことがございますが、弊社で診断を受け付けたハードディスクのうち、復旧に成功するのは70-80%程度です。
  • 09 クリーンルーム/クリーンブースについて
      ・・・HDDの物理障害は、マイグレーション、チップブローなどのPCBの不良や、システムエリアの障害(ハードウェア情報やゾーンテーブルに関する情報、欠陥セクタの処理にかかわる情報を管理している領域に不具合が生じるもの)、ファームウェアの調整が必要なものなど、必ずしもクリーンルームさえあれば…
  • 10 ハードディスク復旧業者を選ぶときには
      ・・・他社で診断を実施してもらったが復旧できなかったため、弊社に改めて復旧をご依頼頂くケースがございますが、他社不可能案件の中に、作業中の不手際によって壊されてしまったドライブが見つかることがしばしばあります。
  • 11 ハードディスク修復の秘密
      ・・・HDDユーザーがアクセスできない領域には、HDDの動作を制御するための重要な情報が記録されています。HDDの動作を制御するための情報は、PCBのROMやプラッターにユーザーデータと同様の磁気情報として記録されています。
  • 12 ハードディスク故障箇所の特定について
      ・・・HDDは、パソコンやサーバーなどのホストシステムの命令に対して動作するハードウェアです。そのため、ホストシステムから正しく認識されない場合は、ハードディスクに記録された、いかなるデータにもアクセスすることができません。
  • 13 ハードディスクが水濡れ、水没したら
      ・・・水濡れ、水没による障害からでも、データ復旧センターはデータ救出することができます。例えば、台風、大雨による水害や、火災における消火作業によるもの、または飲み物をこぼした場合など・・・
  • 14 学校法人向けデータ復旧サービス
      ・・・データ復旧センターには、全国の学校法人様からのご依頼を多数いただき、復旧した実績がございます。データ復旧センターなら、確かな復旧技術を有し、高品質のサービスを維持しております。
  • 15 政府・警察・官公庁向けデータ修復サービス
      ・・・データ復旧センターには、全国の政府機関・官公庁様からのご依頼を多数いただき、復旧した実績がございます。データ復旧センターなら、確かな復旧技術を有し、高品質のサービスを維持しております。
  • 16 RAID/サーバーのハードディスク修復について
      ・・・あらゆるブランド/モデル/OS/構成のサーバーの障害から、データ復旧センターの技術は、データ救出することができます。典型的な障害の例は以下のとおりです。・災害、水害・起動不可・異音・OS、ソフトウェアのアップグレードに伴う不具合・フォーマット・パーティションテーブル、LVMの破損・RAIDコントローラーの不具合・リビルドの失敗・複数のハードディスク故障・ボリュームにアクセスできない・RAID構成情報の不良
  • 17 天候とハードディスク故障の関係
      ・・・HDDの故障が大幅に増加する季節は、夏です。特に梅雨の時期や、台風が発生する秋雨の時期には注意が必要となります。これらの時期は天候による故障だけでなく、経年劣化や自然故障のHDDの依頼件数も大幅に増加します。
  • 18 ハードディスク修復・修理について
      ・・・インターネットには、ハードディスク修理に関する誤った情報が存在しています。また、ハードディスク修理の専門業者がメディアの構造や復旧方法について、誤った情報を掲載していることもあります。
  • 19 ハードディスク故障を未然に防止する方法
      ・・・ハードディスクのクラッシュを未然に防止したり、ハードディスクの動作が不安定なときなどに、HDD自己診断修復機能-S.M.A.R.T.(Self- Monitoring Analysis and Reporting Technology)を利用することができます。
  • 20 HDDメーカー別故障症状と修理・修復方法
      ・・・HDDはメーカーやモデルによって故障傾向が異なります。データ復旧センターはあらゆるハードディスク障害を復旧することが可能な、ハードディスク復旧サービスのプロフェッショナルです。
  • 21 ハードディスクの基盤交換について
      ・・・HDDからカッコンカッコン、カチャカチャというような異音とともに正常に動作しない、HDDがBIOSで認識されない場合などに、全て同型(同型番・同一モデル・同一パーツナンバー)の正常なHDD基盤(PCBA,Printed Circuit Board Assembly)を移植、交換してHDDの動作を復活させる方法が、一部インターネットなどで紹介されていますが、安易にHDD基板の移植を行うことを、弊社はお勧めいたしません。
  • 21 様々なハードディスク復旧について
      ・・・外部からの衝撃や経年劣化によって、HDDの読み取りヘッドがプラッターに接触し、ヘッドおよびプラッターにダメージが生じるHDD故障です。ひどいヘッドクラッシュが起きた場合には、ヘッド/スライダーがプラッターの表面の磁性層を円周状に削り取り、プラッターの基盤が透けて見えるものや、ヘッド/スライダーがプラッター表面を跳ねながら強く打ちつけるために、プラッター表面にたくさんの打痕が生じるものなどもあります。
  • 21 ファイルシステムについて
      ・・・記録媒体にファイルデータを記録するためには、データ記録のルールを定義する必要があります。このルールを”ファイルシステム”と言います。ファイルシステムは使用されるOSや記録媒体の種類などによって異なり、FAT、NTFS、ext、XFSなどの種類がありますが、ここではWindows9x系OSおよびUSBメモリーやデジタルカメラのメディアなどに用いられるFATを例に、どのようにしてファイルデータが記録されているのかということについて説明します。
  • 21 ハードディスクについて
      ・・・スピンドルモーターや、ヘッドスタックアッセンブリ、ボイスコイルモーターを組み付けます。基台そのものの変形や歪みはディスクの不具合を引き起こすことになるため、非常に精密に成型されている必要があります。また、ハードディスク内部の清浄度を保つ目的で、基台の素材はメッキや樹脂塗装が施されています 。
このページの上へ戻る

お申し込み方法
当社ラボラトリーへ直接ご送付

障害メディアとお申込書を東京の弊社ラボラトリーまでお送りください。
≫お申し込みページへ

当社へ直接お持ち込み

障害メディアとお申込書を東京の弊社ラボラトリーまでお持ち込みください。
≫お問い合わせページへ

出張データ復旧サービスをご希望の方

当社のデータ復旧エンジニアがお客様ご指定の場所でデータを復旧します。
詳しくはご相談ください。
≫お問い合わせページへ


DATA RECOVERY データー復旧センター

(新宿オフィス) 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-10-15ツインズ新宿ビル6F
(大阪オフィス) 〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀2-1-1江戸堀センタービル9F
(福岡オフィス) 〒810-0022 福岡県福岡市中央区今泉1-12-8天神QRビル6F
TEL: 0120-102-994 / FAX: 0120-102-942 MAIL:email (TEL・mail・FAX/24時間受付)

緊急対応サービスについて
今すぐお申し込み