ファイルシステムについて

  • HDD/ハードディスクの復旧
  • RAID専門の復旧
  • デジタルカメラのメディアの復旧
  • その他のメディア(CD・USB等)の復旧

お申込みはこちらから
お気に入りに追加

Contents Menu

  • データ復旧センター
  • サービスメニュー
  • 対応システム・障害
  • データ復旧の流れ
  • データ復旧費用
  • 申込み・問い合わせ
  • よくあるご質問

Special Contents

  • データ復旧センター メディア掲載実績
  • 漫画で読むデータ復旧
  • データ復旧知恵袋
  • データ復旧センターパンフレット
  • ビジネスパートナー様募集
2006アントレプレナー大賞 中小企業庁長官賞受賞たいせつにしますプライバシー

データ復旧センターは、プライバシーマークの認証取得にあたり、厳重なセキュリティ体制のもと、お客様よりお預かりした大切なデータを管理しております。

個人情報・情報セキュリティ
SSL グローバルサインのサイトシール
  1. ファイルシステムについて

データ修復知恵袋

ハードディスクデータ修復に関するお役立ち情報を掲載しています。

●ファイルシステムについて

記録媒体にファイルデータを記録するためには、データ記録のルールを定義する必要があります。このルールを”ファイルシステム”と言います。

ファイルシステムは使用されるOSや記録媒体の種類などによって異なり、FAT、NTFS、ext、XFSなどの種類がありますが、ここではWindows9x系OSおよびUSBメモリーやデジタルカメラのメディアなどに用いられるFATを例に、どのようにしてファイルデータが記録されているのかということについて説明します。

【FATファイルシステムのイメージ】

FATファイルシステムのイメージ

記録メディアをフォーマットすることで、記録メディアにはマスターブートレコード、BPB、FATなどの領域が確保されます。マスターブートレコードとBPBでは、パーティションのサイズや、1クラスタあたりのセクタ数など、ファイル管理のための基本的な情報が定義づけられます。

【セクタとクラスタ】

セクターとクラスター

FATファイルシステムの場合、複数のセクタを一つにまとめて、データ記録の最小単位をクラスタとして定義します。たとえば、1セクタあたり512バイトの記録メディアで1クラスタあたり4セクタの場合は、データ記録の最小単位が2048バイトとなります。この場合、たとえば1024バイトのデータを記録する場合も、1クラスタ(2048バイト)を占有することになります。

●ディレクトリエントリとFATによるデータ管理について

FATのファイルシステムの場合、全てのファイルやフォルダはディレクトリエントリとFATによって管理されています。

【ディレクトリエントリのイメージ】

ディレクトリエントリのイメージ

ディレクトリエントリにはファイル名、ファイル更新日時などの情報に加えて、そのファイルのデータが記録されている先頭のクラスタ番号が記録されています。

ルート・ディレクトリ・エントリの領域には、ルートに存在しているディレクトリおよびファイルのディレクトリエントリが管理されています。サブディレクトリのディレクトリエントリはデータ領域に記録されています。

【FATのイメージ】

FATのイメージ

上の図はFAT(File Allocation Table)領域のイメージ図です。FATはそれぞれのクラスターのつながりを管理しています。

1-2

この場合、1番クラスタは2番クラスタに続いていることを示します。

3-終

この場合、3番クラスタが連続せず完了していることを示します。

FATイメージ2

4番目のクラスタのつながりを確認してみます。4番目のクラスタは5番クラスタに続き、5番クラスタは6番目のクラスタに続きます。6番目のクラスタの次のクラスタは8番クラスタとなっていて、8番クラスタは11番クラスタまで連続しています。11番クラスタの次のクラスタは、24番クラスタから27番クラスタまで連続していることを示しています。

●例:会計.XLSの場合

一般的なデータ復旧ソフトウェアは、FATやディレクトリエントリなどの領域を検索し、これらの情報を利用しながらファイルを回収します。FATやディレクトリエントリに損傷がある場合などで、ソフトウェアがファイルを回収できない場合でも、データ復旧センターならバイナリエディタを用いるなどしてファイルシステムを修復し、データを回収することができます。

 

データ復旧知恵袋一覧へ
このページの上へ戻る

お申し込み方法
当社ラボラトリーへ直接ご送付

障害メディアとお申込書を東京の弊社ラボラトリーまでお送りください。
≫お申し込みページへ

当社へ直接お持ち込み

障害メディアとお申込書を東京の弊社ラボラトリーまでお持ち込みください。
≫お問い合わせページへ

出張データ復旧サービスをご希望の方

当社のデータ復旧エンジニアがお客様ご指定の場所でデータを復旧します。
詳しくはご相談ください。
≫お問い合わせページへ


DATA RECOVERY データー復旧センター

(新宿オフィス) 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-10-15ツインズ新宿ビル6F
(大阪オフィス) 〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀2-1-1江戸堀センタービル9F
(福岡オフィス) 〒810-0022 福岡県福岡市中央区今泉1-12-8天神QRビル6F
TEL: 0120-102-994 / FAX: 0120-102-942 MAIL:email (TEL・mail・FAX/24時間受付)

緊急対応サービスについて
今すぐお申し込み